vs 山形

仕事の進みに問題があり、徹夜。
問題が解決し寝たのが10時。
目覚めたのは15時。
17時に山形戦に行こうとして、携帯が見当たらないことに気づく。
仕事用の携帯はある・・・。
探すこと30分、車の中で蒸されていました。
重要な連絡は来ていないと思っていましたが、こういうときに限って来てるんですね(汗)

と、前置きが長くなりましたが、vs山形戦です。

気温:28.6℃・湿度:69%!
山形は開始と同時に前線よりプレス。
まぁ、アビスパと対峙するときの常套手段ですね。

前半15分にアビスパがPKで先制しましたがこの1点がなければズルズル行ったか先制されていたかもしれません。シュート打たれすぎです。
決定的なシュートレンジではないのかもしれませんが、打たれれば何が起きるか分からないもの。出来るだけ未然に防いでもらいたい。

しかし、今日のリティ采配は先制点の時間帯が良かったのか、早かった。前半のうちにフォーメンョンが変わっていたし・・・。
危険な時間帯や、危ないシーンもありましたが、リティの目指すサッカーは日に日に選手に浸透しているようです。

来週の京都戦、これまでどおりの戦いをして勝てれば間違いなくチームが成熟してきたと言えるのではないでしょうか?



ただ、今日非常に残念だったのが隣で観戦していた家族。
確かに、前半アビスパ1点しか取れませんでした、取れるときに取れないときつくなることは確かです。
それでも、連戦でこの気温と湿度の中プレーしている選手に対して前半40分頃こんな会話を・・・。

母親「アビスパの選手走れてないねぇ、もうばててるやん。こんなやから後半に点取られて負けるんよ
息子「アレックス以外駄目やん」
母親「アレックスも駄目よ。服引っ張られたらすぐプレーやめるし」
息子「だめだめやね」

アビスパの選手、中2日にもかかわらず今日は走っていました。
熱いプレーを見せてくれていました。
見ていてワクワクするサッカーをしてくれていました。
アレックス、確かにプレーをやめることもありますが、彼の広範囲に渡る献身的な動き、そして現在得点ランキング2位と言う結果、どこが駄目駄目じゃ!

何よりも頭にきたのが、「負ける」の一言。
チケットを買ったのか、もらったかは知らないが、選手は勝つ為のハードワークをしていて、しかもリードしている。大して興味はないのかもしれないが、スタジアムに応援に来たのなら終了まで負けるなんて言葉は思っても軽々しく発して欲しくないものである。

ちなみに、その家族後半30分過ぎには帰っていきました。


試合後、久々に出待ちしました。
北斗人気は凄いもので。落ち着くまで待つことに。
その際に、「福岡のプリンス」鈴木君を発見したのでサインゲット!

その後、子供や大人に囲まれてサインしている北斗を眺めつつ、横にいる少年たちが人だかりを眺めていたので、どうしたか聞いてみるとサインが欲しいがペンがないとのことだったのでペンを貸しました。少年たちには夏休みの良い思い出になったかな?

それにしても、いつも出待ちの人たちに出来る限りサインをしている北斗には脱帽です。ちょっとムスッとしていますが・・・。

070820.jpg
無事、北斗からもサインはいただきました(笑)

んぁ?

お盆休み終了!本日よりブログ再開です。
ブログ再開早々ですが、アビスパ!
何やっているんだか・・・。

水戸に激辛引き分けではないですか・・・。
札幌以外の上位陣の結果も散々だった為に、3位に踏みとどまっていますが・・・。
札幌の独走態勢は依然止まらんようですから、アビスパはまず京都の尻尾をつかむことが重要ですが、アレックス不在は大きかったか・・・。
水戸に攻め込まれる一方的な試合だったようです。

選手層の薄さがここに来て響いてきてる感じですね。
こういったときにこそ、得点力もある「城後」に期待なのですが、
リティの御眼鏡にかなうプレーは見せていないのかな。

ただ、最後まで諦めない気持ちがあったからこその勝点1と思います。
もう負けられない状況はまだ続いています。
拾える勝点は必ず拾ってJ1へ!!!

帰省

本日、夜より帰省。
携帯でブログは更新するかもしれませんが、たいしたことはないかと・・・。

アビスパ4連勝

2試合連続の観客1万越え!
定位置確保が厳しくなるのですが、やはりサポーターが多いと選手の勢いも違いますね。

前半は、愛媛のプレスに苦戦(恒例のチェッコリのドキドキプレーもあり)
それでも、中盤の枚数を増やした3バックの効果は十分ですね。
徐々に相手のマークがズレ、パスが通り始めると…このシステムに変わってからレギュラーを取った光平が生き生きとピッチを走り回り。
多彩な攻撃が!ただし、中々ゴールを割れませんでしたが。

それでも前半ロスタイム!このシステムのキーマン光平のゴール!
後半には、アレックスの4試合連続弾!
ナギが出てきて熱いプレーを見せ、チェッコリ劇場も絶妙に後半もあり。
何とか無失点で勝利!

この4試合で、12得点・2失点!
ボトム4との戦いが多いながら上出来です。
次節アレックスが出場停止ですが水戸を叩いて連勝を続けた状態で山形戦を迎えたいものです。

スタジアムに向かうのが非常に楽しい!
熱く燃える選手とスタジアムが心地良い。

ちなみに、チャリで行くのでスタジアムに着いた際は選手なみに汗だくです(--;)

あぁ~あぁ~

本日、本を買いにヨドバシカメラに行ったが、D80の本体が想定内の金額で売ってありました。
あぁ~~~~。
TVの方を物色中なので手が出せないのが痛い。

両方買えなくもないのですがレンズが変えないと言うオチが…。

それにしても、腐れTVがブチブチブチブチとついたり消えたり。
先程、一撃蹴りをくれてやりました。

ふぅ…。

メッチャふられてるやん!

nikkansports.comより

神戸退団を表明している元日本代表MF三浦淳宏(33)の移籍先に横浜FCが再浮上したことが9日、分かった。すでにクラブ間では基本合意に達しており、現在は横浜FCと三浦側との間で年俸を含めた金銭交渉を行っている。
 横浜FCは先月初旬に条件提示して交渉したが、神戸側がJ1クラブへの移籍に難色を示したため破談していた。その後、神戸とJ2福岡がクラブ間で合意したが、J1への移籍を強く希望する三浦側が拒否。今月になって早期決着を求める神戸側が態度を軟化させ、横浜FCと交渉を再開していた。
 三浦は94年から5年間、横浜FCの前身、横浜フリューゲルスに在籍。高木琢也監督(39)は国見高の先輩でもあり、ゆかりは深い。希望していたJ1クラブでもある。しかし、横浜FCは前回と同じ金額を提示しており、移籍金と年俸の割合で双方の希望に開きがあり、最終的な合意には至っていない。

アビスパめっちゃふられています…。
マイクも横浜の補強がなかった(難航した)為、白紙になったようですし…。正直、他のチームが補強による底上げを行っている中、補強なし…。
こうなったら、サテの選手には一層の頑張りを期待するしかないですな。

強いて名前を挙げるなら「城後!」、ナギは本来のポジションでないものの3バックに移行後、それなりの出番をもらっています。城後がポテンシャルを最大に発揮すればそれが一番の補強となるはず!

ワグネル

本日は、過去にアビスパに在籍した選手のカードを一枚入手したのでご紹介。
080809.jpg
呂比須ワグナーです。

サンパウロFC → 日産 → 日立 → 柏レイソル → 本田技研 → ベルマーレ平塚(現:湘南ベルマーレ) → 名古屋グランパス → FC東京と渡り歩き、アビスパ福岡で現役を終えました。

現在はパウリスタFCでアシスタントコートを務めているようで、こちらからはグラウシオ、リンコンとアビスパにやってきております。(ロペスルートにより)