北斗・・・その視線が見据える先は?

今季最終節、布陣を見た時点で???

その答えは、恭平と光平の戦力外通告による出場・・・もあったようです。
試合は、前半のうちに2人も欠いてしまえば、近年力をつけている鳥栖相手にはサンドバック状態は避けられませんね。

方向性という言葉の正しさは鳥栖にあるようです。

フロント・選手・サポーターが一丸となっているチームと、フロントが独り相撲しているチームとの差でしょうか。
プロの世界は実力が一番であるとともに、サポーターに愛されることも必要かと。
サポーターに愛される選手を大量に解雇した先には何が残るのでしょうか?
これで来季J1昇格できれば手腕は評価されるのかもしれませんが、同じことは繰り返されるのではないかと・・・。


今までにない、社長への「辞めろ」コールとブーイング・・・サポーターの想い怒りでした。


戦力外通告の選手が今までにない人数が出て、アビスパは新しく生まれ変わるのか、崩壊するのか・・・。
この先、北斗が出す決断を待つこととなります。

北斗・・・その視線が見据える先は?
071201.jpg
アビスパ?在京のJ1チーム?


ちなみに、選手会長の恭平の涙にはウルウルっと来てしまいました。
悔しさや辛さと同時に、福岡を愛してくれていたのだと・・・。

そう言えば、前の席に座っていたおじさんが急に振り向いて、来季誰が残るのと聞いてきました。
表にある選手に×をつけて渡してあげると・・・。
「こ・・・こんなに・・・。」と
おじさんは「補強の予定は出てるの?」と

「ほとんどないです」と答えた時のおじさんは、とっても寂しく悲しそうな顔でした。
スポンサーサイト



Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する